マープソニック

マープソニック無料体験の口コミ評判@本音を暴露!!

マープソニック体験者が本音を告白

 

 

マープソニック無料体験の口コミ評判@本音を暴露!!

 

マープソニックのCM

CMで新しくマープ(ミクロポイント増毛法)シリーズのマープソニックを知り、マープナチュレの頃から気になっていたので無料体験を受けてみることにしました。無料というのが逆に怪しいというか、不安な気持ちがあったのですが、実際に試してみないことには分からないので、思い切ってネットで予約しました。その後、メールで日程の予約を入れました。

 

web予約当日

アートネイチャー店舗

当日はとても緊張しましたが、いざ店舗に行ってみると驚くほどアットホームな雰囲気でした。入り口を入ると直ぐに感じの良さそうな女性が応対してくれました。落ち着いた雰囲気の待合室で数分待っているとスタッフの方が来て、髪の事やどういったスタイルが希望なのかを質問されました。

 

 

アートネイチャーの受付

私の髪質に合っているものを準備してもらい、実際にマープソニックを施術してもらうと、驚くほど生え際のラインが自然に前進していて、スタッフの方と一緒になってニヤニヤしてしまいました。だいたいの人がリアルさに最初は驚くのだそうです。1時間くらいの体験でした。

 

無料体験の後

心配だったサービスの勧誘は少しだけでした。費用の事や維持の事を説明受けただけで、2chで見たような強引な営業はなかったです。メンテナンスは月1程度だそうです。費用は自分の場合だと月額にすると2万ちょっとって言われましたね。量が多いともう少し高額になるみたいですし、少ない人だと月に1万円以下の人もいるそうです。これなら前向きに考えてみようと思いました。

 

無料お試し体験はこちら

 

 

無料増毛体験の流れ

 

カウンセリング

マープソニックのカウンセリング

まずはカウンセリングを受けます。髪の状態や希望のコースを元に、最適な方法をカウンセラーと話し合って決めます。基本的に希望のコースを受けることが出来ます。今ならマープソニックが大好評ですね。

毛色・毛質の選択

毛色選択

豊富なサンプルの中より、あなたの髪質、色に合っているものを選びます。体験者の多くが自分の髪にピッタリのものが見つかったと口コミされています。

増毛の施術

マープソニック施術

丁寧に手作業で増毛していきます。マープソニックはその施術速度に定評があります。マープナチュレとは違いライン上に束ねられた人工毛をまとめて自毛に結毛していく技術です。マープナチュレと併用する事も可能であり、1度に量を増やしたいというニーズにも応えられるようにマープは進化しました

カット・スタイリング

カット

自毛と馴染むように最後はカットしてもらえます。美容師資格を持つスタイリストの方によって、本来の自毛のスタイルに合わせてカットしてもらえます。

 

 

 

 

 

マープソニックで多い疑問や心配事

 

質問 マープソニックは自毛に絡まって抜け毛を増やすのではないか?

 

答え 実際にはそういったことはありません。稀にシャンプーの際にもつれることもありますが、それもシャンプーの仕方で問題なく洗う事が可能です。頭皮も綺麗に洗えるため心配はいりません。また、決められたメンテナンス回数を怠らなければ、普段の生活で不快になることは殆どないでしょう

質問 アフターフォローは大丈夫なのか?

 

答え 月に1回程度のメンテナンスに通う際に、担当者がいますので様々な疑問や問題点を相談する事が可能です。メンテナンスを行う事で良い状態を長くキープする事が出来ます。メンテナンスを怠ると結び目などが甘くなってきて櫛やシャンプーの際にもつれたりすることが出てきます。月に1回もしくは2か月に1回程度で散髪するかとおもいます。マープソニックのメンテナンスも散髪感覚で通っている人が多く、実際にお洒落な髪型にカットしてもらえると満足している人も多いです。

質問 お金がかかるのではないか?

 

答え 増毛は育毛とは違い短期間での変化を得られる理想的な方法であるため、その分の維持費が必要となります。ただし、無料体験の際に必要な本数と費用を教えてもらえます。そこで予算と合わなければ相談も可能ですし、厳しいようであれば申し込まずに別の方法を検討してみると良いでしょう。コンプレックスを解消する投資として見合うだけの価値があるのかどうか?自分なりに判断してみると良いでしょう。価格は個人差があるため実際に状態を見てもらうまでははっきりとした金額が分かりません。まずは体験で見積もりを出してもらい、そこから料金について検討してみると良いでしょう。

 

↓↓ 詳しくはこちらをクリック ↓↓

マープソニックの無料お試し体験はこちら

 

若ハゲは就職活動を行う上でマイナスになってしまうのか

若ハゲは就職でも不利になる可能性があります。就職では多くの場合に面接を突破しなければならないのですが、日本ではこうすれば受かるという明確な基準が示されていません。そのため、担当者の胸先三寸で決まるということも有り得るのです。そして、一般的には薄毛の方に対する印象が良いとは言えません。むしろ、露骨に嫌っているということもあるでしょうから、印象の面で不利になることは多いと言えるでしょう。また、若ハゲになってしまうと自信を喪失してしまうということもよくあります。そのため、毛が薄いことを気にする余りにおどおどとした態度になってしまい、結果的に上手くいかないという悪循環に陥ることも珍しくありません。ハゲているというだけで無条件に落とされることもあるでしょうが、その場合の対策などありませんので、どれだけモチベーションをキープできるか、自信を失わないで済むかがポイントです。日本では評価されにくい若ハゲですが、実は海外ではそのようなことはありません。太っているのは自己管理ができていないと評価されるのは海外でも同じですが、薄毛については自己管理に当たらないと考える方が多く、マイナス評価を受けることは少なめです。そういう意味では、薄毛であるというだけで評価が下がってしまう日本が異常と言えるかもしれません。嘆くのは簡単ですが、就職を目指すならば面接は避けて通れませんので、気持ちを強く持つことが最重要と言えるでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ